「ついむらむらしてしまった」 交番の巡査がストーカー相談に来た女と勤務中にエッチ

交番相談を通じて知り合った女性宅を勤務中に訪問し、女性とわいせつな行為をしたなどとして、
千葉県警は26日、松戸署地域課の男性巡査(33)を停職6カ月の懲戒処分とするとともに、
特別公務員暴行陵虐などの疑いで千葉地検に書類送検した。巡査は同日付で依願退職した。

巡査は「相談中に性的な話になり、ついむらむらしてしまった」と話している。

監察官室の調べによると、巡査はパトロール中だった7月3日午後9時半ごろ、
松戸市の一人暮らしの30代女性宅を訪問し、室内でわいせつな行為をした疑い。
巡査は同日昼、交番で女性からストーカー被害などの相談を受け、知り合ったばかりだった。

女性は7月11日、「警察官からわいせつ行為を受けた」として、強制わいせつ容疑で巡査を告訴したが、
同19日になって「合意の上の行為で、気持ちの整理が付いた」と、告訴を取り下げたという。

また、県警が同18日に浦安市内の巡査の自宅官舎を家宅捜索したところ、
約4年前の浦安署勤務当時に扱った2つの窃盗事件の捜査書類44通が放置されているのが見つかり、
公用文書毀棄容疑でも書類送検した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007102600769

要するにだめ巡査という事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です