トミーズ雅&赤井が亀田にエール!「バッシングにうんざり!セコンドは『殺せ!』とか普通に言うよ」

トミーズ雅&赤井、亀田兄弟にエール「頑張れ!」

吉本興業のお笑いタレントによる短編映画「YOSHIMOTO DIRECTOR,S100」の一作品「総長刑事」の監督を務めるトミーズ雅(47)と出演者でタレントの赤井英和(48)が26日、
大阪市内のロケ現場で会見。仕切り直しを誓ったボクシングの亀田兄弟にエールを送った。

元日本Jミドル級ランク1位の雅は、一連の亀田バッシングにうんざり気味。
「もうええわ。そこまでいくとイジメ。試合中、セコンドが気合入れるのに“殺せ”とか言うよ」とボクサーの立場で擁護。
「興毅も大毅もええ選手なんやから、頑張ってほしい」と再起を促した。

一方、問題の内藤大助-亀田大毅戦で解説を務めた赤井は「内藤選手は右を打ったら右足を出す癖がある。大毅はカウンターを狙ってもよかった」と指摘。
今後の心の成長とともに、ボクシングスタイルの変化に期待を込めた。

この日からクランクインした「-刑事」で、ヤクザの総長役・赤井は狙撃されて淀川の土手を転がり落ちるシーンに挑戦。
「弾着にびっくりして本当に撃たれた気になりました」と苦笑いしていた。来年公開予定。

雅にその通り。誰が上手い事を言えと・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク